ブログ

風邪予防に首を温める

首を温めることで得られること

温めることは体にとって良いことが多い中で
「首」とつくようなところを温めると
さらに良いというのは、よく聞くことです。

「首」とつく体の部位には、足首、手首、首があります。

あまり意識をしていない方でも納得できるのは
冬の寒い時期になると、足首、手首、首を全てしっかりと
防寒されていることで寒さをしのいでいることと思います。

反対に、体が火照っているときや夏の暑い時期には
それぞれの首のつくところを冷やしてあげると、
体は涼しく感じられやすくなるかと思います。

今回は、その中でも首を温めることで体にどんな影響を及ぼすのか?
についてみたいと思います。
そして、実際に首の温める方法をいくつかご紹介いたします。

首を温めると全身の血行が良くなりやすい

首には太い血管がとおっています。その首を温めることで
血管が拡張し、全身の血流が良くなっていきます。

手が冷えているな、と感じるときに手を温めることも1つではあります。
しかし、上記でお伝えしているように首を温めると全身、手も足も含めて
温まりやすいので、体を温めたいときには、
首を温めることを覚えておくと活用できるかと思います。

首を温め風邪予防、不調改善に!

首を温め、体の血行が良くなると、凝り固まっていた筋肉が緩むので

・冷え性
・肩こり、首のこり
・睡眠
・頭痛

など、多くの方が抱えがちな不調の改善が挙げられます。

さらに、免疫力も上がるので
既に体の不調がある方にも首の温めは、試していただきたいですが
風邪を未然に防ぎたい方にとっても免疫力を上げて
風邪をひかない体にしていただきたいと思います。

首を温める習慣は簡単なので、すぐに身につけることも
できるのではないでしょうか。

首を温める方法

最後に…すぐにできる首を温める方法ご紹介します。

・蒸しタオルで温める
水に濡らしたタオルを1、2分電子レンジに入れ
温めたものを使います。

・首にタオルを巻いて寝る
寝るときの掛け布団とは別に、首のところにタオルをかけ
もしくは軽く巻いて寝ます。

・蒸気で温めるシートを貼る
ホッカイロだとどうしても熱すぎてしまう場合に
専用の使い捨て温めシートを購入し使うのも1つです。

・首に巻き物をする
冬はマフラーというのは自然ですが
冬以外でも首を温めるためにスカーフ、
ストールを身につけておくだけでも首は保温されます。

不調を改善したい、風邪予防に、と目的はそれぞれでも
首を温めて健康を維持してもらえたらと思います。

◆記事の関連資格・通信講座はこちら

リンパデトックストリートメント資格取得通信講座

shiryou
moushikomi

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る