ブログ

マッサージでよく意識される「内もも」が太りやすい理由

マッサージでよく意識される「内もも」が太りやすい理由

マッサージでよく意識される「内もも」が太りやすい理由

マッサージでよく意識される「内もも」が太りやすい理由
テレビや雑誌などの華やかな舞台で活躍する女優やモデルは、みんなすらりとしたカモシカのような美脚を誇っています。
ダイエットに励む多くの女性がその美脚ラインを目指して、食事制限や運動に取り組むようになりましたが、残念ながら理想を現実に出来る割合はそれほど多くないのではないでしょうか。
というのも、美しく引き締まった印象を与えるには「内もも」などのシェイプしにくい場所こそ細くしなければならないからです。

特に痩せにくい「内もも」には、太りやすい理由があります。
それを知ることが、気になるポイントをスッキリさせる取り組みの第一歩となるでしょう。

 

「内もも」が太りやすい理由・痩せにくい理由

マッサージでよく意識される「内もも」が太りやすい理由
なぜ「内もも」は有酸素運動や食事制限をしていても痩せにくいのかという疑問に対しては、「骨盤のゆがみ」「むくみ」「セルライト」「筋肉」という4つの原因が考えられます。
原因ごとに必要な対応が変わってきますので、ご自分がどのタイプに該当するのか、以下の特徴から見分けて下さい。

 

■骨盤のゆがみタイプ

妊娠、出産や、姿勢の乱れ、筋力不足などによって骨盤がゆがむと、やがて内側に内臓を抱え込む形をしているはずの骨盤が開いて歪み、内ももの筋肉の弱体化を招きます。
そのため緩んで水分や脂肪が蓄積しやすくなってしまうのです。

・左右の靴底の減りがアンバランス
姿勢が悪い
猫背
・脚をクロスさせたり組んだりする癖がある
・いつも偏った荷物の持ち方をしてしまう

これらの特徴を持つ方は、このタイプに該当する可能性が強いでしょう。
骨盤矯正マッサージやインナーマッスルを強化するトレーニングが必要となります。

 

■むくみタイプ

むくみは水分の滞留によって現れる症状です。

立ち仕事、デスクワークなど運動不足を促進する環境で働いている
冷え症
水分を1日1.5リットル以上飲んでしまう
冷たい飲食物を口にする機会が多い
・入浴をシャワーで済ませてしまう
サンダルをよく履く

このような習慣をお持ちの方は、血液やリンパ液の流れが停滞しがちになり、内ももなどに老廃物が蓄積して固定化してしまう確率が高くなります。
この場合には有酸素運動や身体を温める食べ物、全身の血流を改善するようなマッサージが有効となるはずです。

 

■セルライトタイプ

脂肪細胞のひとつの形であるセルライトですが、通常の構造と違って老廃物と脂肪細胞が絡み合って繊維化し、なかなか代謝によって消費されにくくなってしまいます。

セルライトがあるかどうかは、両手で絞るように身体の各部位を触ってみましょう。
表面が凸凹したら、その皮下にセルライトが形成されている証拠です。
むくみタイプからこのセルライトタイプに進行する方が多いので、むくみタイプの特徴を持つ方はセルライトの有り無しをチェックすることをおすすめします。
デトックスだけでなくリンパケアマッサージなどで老廃物を押し流すケアが必要となるでしょう。

 

■筋肉タイプ

マッサージでよく意識される「内もも」が太りやすい理由

過去にスポーツに取り組んでいた
現在スポーツをしていた
ヒールの高い靴をよく履く

こういった条件の方に多いのが筋肉タイプです。
通常より鍛えられて太くなった筋肉が足を太くしてしまっているケース、スポーツをやめて筋肉が脂肪に置き換わってしまったケースが考えられます。
このタイプでは1日の消費カロリーと摂取量のバランスを見直し、適正な食事バランスを取り戻すことがまず必要となるでしょう。それと共に、鼠蹊部などのリンパのつまりを解消するマッサージを行えば、少しずつでも内ももの脂肪は解消されていくでしょう。

痩せにくいポイントには日々積み重ねるケアが不可欠です。
理想の美脚をかなえるために、今こそ頑張ってみませんか?
頑張り続けるのは難しい、と言う方には、期間を決めてシェイプアップに取り組まれることをおすすめします。

 

shiryou
moushikomi

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る