ブログ

寝相によって肩こりや腰痛に?

起きたときの寝相はどうなっている?

寝相とは、意識的にできるものではなく
気づいたらその姿勢になっていたというものではないでしょうか。

それでも人それぞれに独特な寝相をしていたり
朝起きると、寝た時と反対に枕の方へ
足が向いているということも聞いたりもします。

本人が一番楽な姿勢で寝ているのであれば良いのでは?とも
思いますが、寝相によっては、肩こりや腰痛、むくみなどが起こります。

寝るときの明るさや、温度、湿度、着ている寝巻き
なども関係してきますが、それぞれの寝相別に
その体の状態をみていきたいと思います。

仰向けで寝る

一番自然体な寝相ではないでしょうか。
まっすぐ立っているような寝相というのが
体に良いとも言われています。

手も足も曲げずにリラックスする程度に伸ばすことで
体重も分散し、体のどこかの負担がかかるというような
状態にはなりにくいです。

ただし、枕の高さが高すぎると首に負担がかかりやすくも
なってきてしまいます。

両手を挙げて仰向けで寝る

バンザイをしている状態は、首や肩周りが疲れている可能性が
考えられるようです。

そして、腕を上げているということは
肩に負担がかかりやすいため、起きているときから
肩甲骨をまわしたりしてストレッチをするのも
良いと思います。

うつぶせで寝る

うつぶせは、一見良い寝相のうちに入らないかと思われがちですが
呼吸がしやすくなり、睡眠時無呼吸症候群や
消化を促す効果もあると言われているため
呼吸や消化を意識したい方にはおすすめです。

横向きで寝る

横向きは、重力の関係で肌のシワ、胸の垂れが気になるところですが
いびきを軽減しやすいのは、この横向きです。

腕を前方にのばさずに、軽く足を曲げた状態は
腰痛や肩こり軽減には良い寝方だとも言われています。

体を丸めて寝る

ストレスがたまっている状態を表しているようです。

何か悩み事や、不安なことを抱えているとひざを抱え
丸まった姿勢になることでストレスから解放されるために
そのような姿勢になるとも言われています。

ひざを立てて寝る

緊張しており、丸まっている寝相と同じくストレスが
たまっている状態です。
さらに、腰への疲労がたまっている可能性も考えられます。

このように普段の自分の寝相というのは、
その日の体調やストレスの状態により変化することが考えられます。

寝てもスッキリしない…寝たことで体が痛い…
ということがあるのであれば、ご自身の寝る姿勢に
気をつけてみてください。

◆記事の関連資格・通信講座はこちら

リンパデトックストリートメント資格取得通信講座
中国整体推拿セラピー資格取得通信講座

shiryou
moushikomi

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る