ブログ

健やかな肌を保つために自分の肌質の種類を知ろう

健やかな肌を保つために自分の肌質の種類を知ろう

健やかな肌を保つために自分の肌質の種類を知ろう

健やかな肌を保つために自分の肌質の種類を知ろう
毎日しっかりとスキンケアをしているのになかなか肌の悩みが無くならない、という方は多いのではないでしょうか。
健やかな肌を保つためには、まず自分がどんな肌質なのかを知ることが大切です。
そこで今回は、自分でできる肌質のチェック方法をご紹介します。

 

【肌質は大きく4種類に分けられる】

人間の肌質は大きく以下の4種類に分けることができます。

・ノーマル肌
水分量も皮脂量も程よくしっとりとしている

・オイリー肌
水分量も皮脂量も多い

・乾燥肌
反対に水分量も皮脂量も少なくごわついている

・混合肌
部分的に乾燥やベタつきがある

まずは自分の肌がどの肌質に当てはまるのかを知ることで、肌質にあったケアをすることができます。
ピッタリ当てはまらないこともあると思いますが、どの肌質に一番近いのかだけでも知っておくと便利です。

【肌質のセルフチェック方法】

健やかな肌を保つために自分の肌質の種類を知ろう
自宅で肌質をチェックするには、洗顔後の肌の様子を見るようにしましょう。
そのためにもまずはしっかりと泡だてた洗顔料で、正しい洗顔をする必要があります。
洗顔後、夏なら10分ほど、冬なら5分ほど肌に何もつけずにそのまま放置します。
時間が経ったあとの、肌の様子はどうなっているでしょうか。

全体的に肌のつっぱりやかさつきが気になり、小じわや粉吹きが気になるようであれば乾燥肌、肌につっぱりが感じられず、しっとりとしているように見えるがテカリやベタつきが気になるという場合はオイリー肌といえるでしょう。
頬やあご、目の周りなど部分的につっぱりや乾燥が気になるが、鼻の周りやおでこなどがベタついている場合は混合肌かもしれません。
顔全体がしっとりとしていて、つっぱりも乾燥も感じない、ベタつきもほとんどないという場合はノーマル肌である可能性が高くなります。

【乾燥肌とオイリー肌は紙一重?】

「オイリー肌だと思っていたのに実は乾燥肌だった」という『隠れ乾燥肌』の方が最近増えています。
体は乾燥しがちなのに顔だけが脂ぎっているという場合は、隠れ乾燥肌であることが多いようです。
皮脂は乾燥から肌を守るために分泌されるため、隠れ乾燥肌である場合、オイリー肌向けのスキンケアをしていても改善することはできません。
毛穴の開きも同様で、乾燥が進むと毛穴が開いてしまうことも珍しくありません。
乾燥肌なのかオイリー肌なのか微妙だなと感じた場合は、まずは乾燥肌に合ったスキンケアを試してみましょう。
テカリが気になるところだけでなく、あごや頬までしっかりと保湿することが大切です。

 

shiryou
moushikomi

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る