ブログ

温冷シャワーを使い分け体が楽に!

温冷シャワーを使い分けて体が楽に

冷たい水と、熱めのお湯、これを交互に体にかけること。
そうすることで体にどのようなことをもたらすのでしょうか。

冷たいシャワーというと、心臓に負担がかかる人もいるので避けた方が良い人ももちろんいますし
冷たい水がストレスになってしまうこともあるかと思いますので
ご自身の体と相談しながら行う場合にはやってみてくださいね。

夏や運動で熱くなった体にだけでなく冷たいシャワーをかける
そのメリットについて、知っていきましょう。
あまり活用されてない人は参考にしてみてください。

温冷のシャワーでどんなことを得られる?

一言で言ってしまうと、血行促進につながります。
お湯によって血管が広がっていき、お水によって血管が収縮します。
お湯、お水と交互にかけると、血管が活発になり血行促進につながるという仕組みです。

血行が促進されることで、むくみ、疲労回復、不眠改善などがあり
血管への作用だけでなく自律神経も整いやすくなっていきます。
自律神経には、交感神経と副交感神経とがありますが
このバランスを整えることは本人が意識していても意外と難しいものです。

「ちょっと疲れたな~」と感じているときには、休むことも良いですが
お湯とお水を交互にかけ、一工夫して体を整いやすくしてみるのはいかがでしょうか?

温冷の使い分けは湯冷め予防にも!

湯冷めしないために、それぞれの工夫をしている人も多いと思います。
今回の冷シャワーをかけることも湯冷め防止の1つだということはご存知ですか?

冷たい水をかけるなんて、余計湯冷めしてしまうのでは??と思ってしまいそうですが
冷たい水をかけると体が温かさを保とうとするようです。そして体自体は温かいということです。

【実践】温冷のシャワーを浴びる

少し熱いと感じるぐらいのお湯と冷たい水とを交互に首元を中心に体へかけていきます。

この繰り返しを続けていくこと、冷たい水を体にかけることに
どうしても抵抗がある人には、温かい湯船に入ったあとに湯船から上がって
ぬるま湯のシャワーを手足にかけていく、という方法で試されてみても良いかもしれません。

寒い季節に、やったことのない冷水をかけるということは
あまりにもハードルが高いかもしれません。
これから暖かい時期、夏の時期などのタイミングに合わせて取り入れるのも1つです。

◆記事の関連資格・通信講座はこちら

英国式リフレクセラピー資格取得通信講座
リンパデトックストリートメント資格取得通信講座

shiryou
moushikomi

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る