ブログ

【夏風邪予防】にアロマテラピーを活用しよう!

【夏風邪予防】にアロマテラピーを活用しよう!

【夏風邪予防】にアロマテラピーを活用しよう!

column26_01
「夏は暑いから風邪を引きにくい」というのは迷信です。
夏だからこそ、引きやすい風邪もあるのです。

アロマテラピーのお話をする前に、まずは夏風邪の仕組みをご説明しましょう。

 

夏風邪の原因「空気中のウイルス」

夏風邪は多くの場合、ウイルスによって引き起こされます。風邪のウイルスは寒い環境で増えやすいと思われがちですが、
湿度が高い環境を好む風邪のウイルスも存在しており、夏でも空気感染してしまうのです。

また、夏バテや冷房による喉の乾燥によって、風邪を引きやすい状態になってしまうことも夏風邪の原因となります。

 

抗菌アロマで空気を洗浄

【夏風邪予防】にアロマテラピーを活用しよう!

妊娠、出産や、姿勢の乱れ、筋力不足などによって骨盤がゆがむと、やがて内側に内臓を抱え込む形をしているはずの骨盤が開いて歪み、内ももの筋肉の弱体化を招きます。

夏風邪の原因となるウイルスを除去するためには、抗菌作用を持つアロマが効果的です。

■レモン
レモンのアロマには白血球を刺激する働きがあり、解毒作用も持っています。
消化を助ける働きもあるため、夏バテで食欲が出ないという場合にも効果的です。

■ペパーミント
ペパーミントはメントールが含まれており、すっきりとした香りが特徴的なアロマです。
抗菌作用だけでなく、香りの爽やかさで涼しさを感じさせてくれる効果もあります。

■ラベンダー
抗菌作用だけでなく、消臭効果も期待できるアロマです。
神経を落ち着かせる効果も持っています。不眠対策としても効果的です。

 

食欲減退を防ぐアロマ

夏風邪を予防するためには、ウイルスに負けない体を持っておくことが大切です。
夏バテによる食欲減退を防ぐアロマを紹介していきます。

■レモングラス
レモンという名前がついていますが、イネ科の植物から作られたアロマです。
タイ料理に使われており、香りに少し辛みがあるのが特徴です。
副交感神経に働きかけて、消化器官を助ける効果を持っています。

 

咳を軽減するアロマ

【夏風邪予防】にアロマテラピーを活用しよう!

夏風邪を引いてしまった時は、喉をケアするアロマなどの使用もオススメです。

■サンダルウッド
柔らかく甘い香りがするアロマです。ビャクダンの木から作られており、
インドではお香として使われています。
心を落ち着かせるリラックス効果が有名ですが、咳を鎮める作用もあります。

■ユーカリ
喉にしみるような香りが特徴的なアロマです。
いくつか種類があり、香りの刺激を抑えたものも存在しています。
咳や痰を緩和する効果があると同時に抗菌作用も持っているため、
夏風邪の拡散を防止する際にも役立ちます。

香りがきついと感じる場合は柑橘系の香りをブレンドしたユーカリ・キトリオドラや、
刺激的な香りが抑えたユーカリ・ラディアータを使用すると良いでしょう。

アロマの力を借りて、快適に夏を過ごしてくださいね!

 

shiryou
moushikomi

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る