ブログ

ネイルだけじゃない爪を綺麗にすること

爪のお手入れはしていますか?

ネイルサロンへ通い、爪を綺麗に整えている人も多いかもしれませんが
自分の爪そのもののお手入れができているかというといかがですか?

手の爪も足の爪もそうですが、ネイルをしてしまうとついついネイルという
表面的なものは見ていても自分の爪の状態を確認することもないのでは…
ネイルをバッチリ決めることも良いですがたまには
自分の爪のままで綺麗に保つことを意識されてみるのもいかがでしょうか。

こんな爪はNG!?

「手が綺麗な人が好き!」という好みがあるぐらい
手先は人に見られているものではありませんか。相手の手先を
チェックする人は少なくないようです。

爪を綺麗にすることをおろそかにしてしまうと
どんなことが考えられるのでしょうか。

・爪の間に汚れがたまっている
・ネイルが剥げてしまっている
・そもそも爪を伸ばし放題にしている
・爪の表面に艶がなく乾燥している

爪が伸びていると、見た目の問題以上に細菌がたまりやすい状態です。
爪に汚れがたまった状態で料理をしていることを考えると…気をつけたいところですね。
爪が伸びているということで、ストッキングが伝線しやすい、なんていう声もあります。

爪が伸びていることが良くないということではなく、それぞれの人の生活スタイルに合わせ
綺麗な爪、手先にしておくことも大事だと思います。

爪割れをしやすい人

上記のような爪が整っていないことも注意していたいところですが
爪がよく割れてしまう、爪自体が薄い、二枚爪になる
という悩みを抱えている人もいるようです。
爪自体の健康、そして身体の健康をも考えてみましょう。

では爪が割れてしまうということは、どんなことが考えられると思いますか。

原因には栄養バランスの偏り、栄養不足、乾燥していることが考えられます。
爪が割れているときの食生活を振り返り、肌自体が乾燥していないかを確認してみてください。

爪のお手入れをする!

実際の爪のお手入れには、甘皮のケアです。
余分な甘皮を省き整えることで乾燥対策につながります。
ケアには爪が柔らかくなるお風呂上りもしくは、手をぬるま湯で温めてから
が良いとされています。

甘皮をケアするのと同時に爪の表面をやすりでかけ、その後は、お肌と同じように
キューティクルオイルやクリームをしっかりとつけることも大事なことです。
爪切りでバチンと爪を切ると上手に切ることができない人には
ネイルファイル(爪やすり)を使って長さを整えることもおすすめです。

丈夫で健康的な爪も手に入れましょう。

◆記事の関連資格・通信講座はこちら

爪もみケアトリートメント資格取得講座
ハンドセラピー・ハンドリフレクセラピー資格取得通信講座

shiryou
moushikomi

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る