ブログ

大人もあなどれないあせもを予防

あせもを防ぐ環境づくり

小さいなお子さんの「あせもができてしまった」
なんてことは聞いたりしますが、暑い時期に汗をそのままにしたり
していると、大人でもあせもができたりすることはよくあることです。

また、あせもができてからでは掻きこわして
皮膚が治りにくくもなったりします。

肌を清潔な状態に、汗をしっかりと拭き取ったりとしていれば、
あせも自体にもなりにくいです。

今回は、あせもができてしまった場合の対処方法や
あせもにならないようにするための対策についてお伝えしたいと思います。

子供はなぜあせもが出来やすいのか

子供と大人では、なぜ子供の方があせもがよくできやすのでしょうか?

それには、子供は大人以上に汗のかきやすい体質ということが考えられます。
元々、汗が出る汗腺の数は子供のときから大人になるまで
ほぼ数は変わらずだそうです。

子供は、汗がかきやすく汗腺の数が大人と同じ上
自分で汗をかいたときのケアをまめにすることが難しいのも
あせもができやすい環境になってしまうのかもしれません。

あせもができるまで

あせも自体は、汗の出口がつまってしまう皮膚の発疹です。

皮膚が炎症することで赤いブツブツとしたようなものになり
かゆみを伴うこともあります。

高温多湿で汗が多くでるようなときに、あせもになりやすく
特にあせもが出来やすい部分は、汗のたまりやすいところで
首、膝の裏側、おしり、肘の内側などです。

あせもになりにくくする対策をする

75ec34faeed2f2d1775c2a88867a6201_s

あせもにならないようにするには、汗をかかないこと。
でも、そんなことは不可能なことですよね。

それよりは、汗をかくこともからだにとっては大切で
あせもについては、汗をかいた後にどう対処するかではないでしょうか。

すぐに思い浮かぶのは、シャワーやお風呂に入ることでしょうか。
汗をかいた時にシャワーに入れる環境にいればいいですが
日常ではそうもいかないことの方が多いかと思います。

さらに、シャワーやお風呂に入り流すだけならまだしも
清潔にしすぎるあまり、何度も体を洗ったりすると
今度は、体の必要な皮脂までを落としてしまうこともあります。

先ほどでてきた汗のたまりやすいところなどが
服でがっちりと覆われていて、汗がでにくい状態であったり
タオルでもふきとらないと、あせもがすぐにできてしまいますので

【すぐにできるあせも予防】
・吸湿性の高い服装、速乾性のある服装をする
・タオルで汗をふき、常に肌を清潔にする

汗のかきやすい体質の方や、あせもができやすい体質の方は
面倒かもしれませんが、換えのシャツやタオルは
夏場だけでも持ち歩いた方が安心かもしれません。

 

shiryou
moushikomi

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る