ブログ

日常の頭皮ケアはヘアケアで重要なこと

あらゆる髪のトラブルは頭皮が関係?

毎日、シャンプーをしているのに、髪の毛のニオイが気になったことが
あることはありますか?

特に女性の場合には、髪の毛から良い香りがすると
すれ違う際に、ついつい振り返りたくなってしまいます。

頭皮からニオイももちろんのこと、薄毛や抜け毛、髪のかゆみやフケ。
髪の毛のトラブルに日常で注意しなければならないとこと、
今できることはあるのか考えていきたいと思います。

気をつけたい髪の毛のトラブルとは…

・薄毛になる
・白髪になる
・髪が細くなる
・フケがある
・かゆみがある
・頭皮が臭う

このような髪のトラブルを回避するためにも
髪の一部分を断片的に見るのではなく頭皮に注目して
頭皮ケアが、大事になってくるのではないでしょうか。

髪の毛を洗う時の頭皮ケア

髪の毛を洗う時には、髪にお湯をさっと流してからすぐに
シャンプーをつけていませんか?
そして、泡立てたシャンプーで髪の毛の表面や全体的に
洗ってしまいがちではないでしょうか?

髪の毛の汚れは、『シャンプーで落とすもの』と思いがちかもしれませんが
シャンプーで洗う前に、しっかりと『お湯で髪を洗うこと』で
髪の汚れ自体は、かなり落とすことができるようです。

ですので、シャンプーをする前に!髪をよくお湯で洗って
汚れを洗い流しましょう。

さらに、シャンプーについては、髪の表面だけをモコモコと泡立てるのではなく、
頭皮をマッサージをするようにして、もみ込みほぐしながら
頭皮を洗うことも大事です。

髪の毛を乾かす時にできること

ドライヤーを用いて髪の毛を乾かすときには、ドライヤーで
髪の毛や頭皮自体を傷めないか心配ですよね。

髪が乾いていないことは良くないですが、髪を乾かしすぎても
髪がやはり傷ついてしまうので乾かす頃合いもみたいところです。

まずは、洗って濡れた髪をしっかりタオルで水分をとります。

その次に頭皮に近づけすぎない距離(10cm~20cm程度)でドライヤーを全体にあてます。
だいたい髪が乾いたところで、ドライヤーの温風から冷風にして仕上げます。

ドライヤーに冷風があるのは、そういった仕上げのためにあったのですね。

温風から冷風にするその切り替えで、キューティクルが閉じてこめてくれます。

もちろん、頭皮ケアをすることで髪のトラブルを防ぐことにもつながり
髪のツヤ、サラサラなど髪の若さを取り戻してみませんか?

◆記事の関連資格・通信講座はこちら

顔つぼヘッドセラピー資格取得通信講座
リンパフェイシャルトリートメント資格取得講座

耳つぼリフレクセラピー資格取得通信講座

shiryou
moushikomi

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る