ブログ

手足の冷えを放置すると起こりやすいこと

手足の冷えの恐ろしさとは

冷えというと冬に限った話ではなくなってきています。

現代では、夏にクーラーにずっとあたっている
薄着で出掛ける、お風呂に入らずシャワーで済ませる
もしかしたら、冬は寒いので温めようと努力する人も
夏は暑いので油断しがちな冷えが潜んでいるのかもしれませんね。

それでも最近は、冷え性の方が多いため
夏でもしっかり体を温める対策をとっている方も
多く見かけるような気がしています。

そして、冷え性では手や足の冷えというのは感じやすい部分かと思います。

いつも冷えているから多少、手や足が冷えていても平気、
なんて方も、その手足の冷えを放置しておくとどうなると思いますか?

今回は、冷え性が悪化したときに起こりやすいこと
気をつけたいことをお伝えしたいと思います。

手足の冷えで起こるしびれ

手や足が冷えていると、指の感覚がなくなることがありませんか。
また、冷え性の方は手足もむくみやすいという
症状があるかもしれません。
冷えて感覚がなくなる、または、むくむ。

ここまできても冷えているのは仕方ない、と
マッサージしてほぐす、温めるなどをせずに
何も対策をしないでいると、手足のしびれを起こすことがあります。

冷えからくる痛み

手足が冷えている状態が続くということは
体全身も冷えるようになってきて
体温がつねに冷たい体温としては低い「低体温」になりかねません。

低体温では、全身の血流の流れが悪いので
あらゆる不調がでることに。
頭痛、生理痛、腰痛、腹痛、めまいなどが起こります。

頭痛であれば、なぜ頭が痛むのか?と、頭だけを
考えてしまいがちですが、その原因が冷えということは
よくあることです。

代謝が悪くなり、風邪も引きやすく治りにくく…

手足の冷えをそのままにすると「代謝が悪くなる」ことも1つです。

代謝が悪いということは、冷えと同じく危機感を持ちづらいのでは
ないでしょうか。また本人が感じづらいかもしれません。
しかし、代謝が悪いと全身への栄養も行き届かず
老廃物がたまる一方です。

具体的な起こりえることには、
風邪をひきやすい
痩せずにどんどん太る
肌も荒れる
疲れやすい

などの症状があらわれるようになることも。

手足の冷えを感じたらすぐに対処するように努めながら
できるだけ、これらの症状がでる前から冷えを敏感に意識しておきたいものです。

◆記事の関連資格・通信講座はこちら

リンパホットストーントリートメント資格取得通信講座
ハーブボールセラピー資格取得通信講座
リンパデトックストリートメント資格取得通信講座

shiryou
moushikomi

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る