ブログ

お肌や体のデトックス!ドライブラッシングとは?

ドライブラッシングの美容法って?

欧米では古くから美容法の1つとしてやられていたという
ドライブラッシングング。

天然素材のブラシで体を磨くことで、血流がよくなったり、古い角質を落とすことで
美容にも健康にも良い面があると言われています。

ブラシ1つさえあれば、力も必要なくすぐにできることではありますが
そのドライブラッシングのメリット、注意点、やり方をご紹介します。

ドライブラッシングのメリット

・肌の古い角質を落とし、柔らかく艶のある肌を取り戻すことにつながります。
・たまった老廃物も落としやすく、気になるセルライトの予防や改善にも。
・血流がよくなることで、冷え性改善も期待できます。

ドライブラッシングの注意点

ドライブラッシングは手軽にできるものではありますが、やりすぎたり
その強さによっては必要以上に角質を落としてしまい、肌を傷つけてしまいます。

敏感肌、乾燥肌、皮膚の疾患がある方は、特に注意が必要です。
肌で優しくブラッシングしてみても、赤みや腫れがでてしまう場合は控えてください。

ブラシの選び方

ドライブラッシングのそのやり方にもポイントはあります。
その前に、アイテムとしてブラシにはどんなものを選べばよいのでしょうか?

ブラシ自体は、肌にあてるものなので、天然素材のものを。
ナイロンではなく、豚毛、馬毛などの動物性のものです。

柄の長く背中や全身まで行き届くタイプ
体のツボにそってブラッシングできるタイプ

など商品の特徴もさまざまです。実際にお店に行って毛の柔らかさを
確認してみるのも1つの方法です。

ドラブラッシングのやり方

最後にドライブラッシングのやり方についてお伝えします。

ドライブラッシングというだけあり、お風呂に入る前の乾いた肌にブラッシングをしていきます。お風呂に入ってしまってからの、温まり濡れた肌にブラシをあてると、少しの力でも肌を傷つけてしまいます。

順番は、心臓から遠い下から上に向けて行います。

足先⇒ふくらはぎ⇒膝⇒太もも⇒足の付け根

足より上の上半身も行うときには、続けてさらに・・・

お腹・おへそ⇒おしり⇒背中⇒肩甲骨⇒腕⇒手⇒肩・デコルテ

ブラッシングは、くるくると円をかくように優しくして、特にリンパ節の鎖骨や脇の下、太ももの付け根あたりは、
必ずやりましょう。

ブラッシングの後、血行が良い状態で、お風呂に入ることでより代謝も上がりやすくなります。
お風呂から上がったら保湿クリームで肌ケアも忘れずに。

◆アイテムを使った資格・通信講座はこちら

ハーブボールセラピー資格取得通信講座

リンパホットストーントリートメント資格取得通信講座

フェイシャルストーントリートメント資格取得通信講座

ハンドストーントリートメント資格取得通信講座

フットストーントリートメント資格取得通信講座

耳つぼリフレクセラピー資格取得通信講座

かっさフェイスセラピー資格取得通信講座

shiryou
moushikomi

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る