心穏やかに過ごしたい!「イライラ」の予防と対処方法について

◆心穏やかに過ごしたい!「イライラ」の予防と対処方法について

column26-1-1
仕事や、家事、育児、人間関係などなど、日常生活にはつい「イラッ」としてしまうことが多いものですよね。
イライラはストレスになるし、活性酸素を増やして健康や美容にも悪影響をおよぼします。
そんなイライラの仕組みと、予防法や対処法をお伝えします。

◆どうしてイライラするの?

column26-1-2
イライラの原因は、脳の神経伝達機能が低下して、脳の緊張・興奮状態が過剰になるためだと言われています。

神経伝達物質であるセロトニンが不足すると、脳内での情報伝達がスムーズに行われず、脳が興奮して抑制がきかなくなり、イライラしやすくなるのです。
よく、「カルシウムやビタミンCが不足するとイライラしやすくなる」と言われるのは、このセロトニンの合成に、タンパク質やビタミン、ミネラルが欠かせないからなのです。

◆脳内のセロトニンを増やすには

column26-1-3
セロトニンは心を落ち着かせ、安定させるため「幸せホルモン」とも呼ばれています。
不足するとイライラや不眠、うつなどの原因にもなります。
セロトニンの分泌を高めるには、以下のようなことを心がけるのが良いでしょう。

・規則正しい生活
セロトニンは太陽が出ている日中に分泌されやすい性質があります。
このため、昼夜逆転の生活や不規則な生活はセロトニン不足を招きやすくなってしまいます。
規則正しい生活を心がけることで、セロトニンの働きが良くなるのです。

また、朝起きた時に日光を浴びることで、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌がストップし、脳の覚醒を促すセロトニンの分泌が活性化されるため、起床時は朝日を浴びるようにするのがおすすめです。

・リズミカルな運動
一定のリズムを刻む運動には、セロトニンの働きを活性化させる効果があるとされています。
ウォーキングやスクワット、腹式呼吸を行うヨガや太極拳など、リズミカルな運動を1日5分以上、継続して行うことでセロトニンが活性化されると言われています。

・セロトニンを作る栄養を摂る
セロトニンの材料となるのは、肉や魚介類、大豆などのタンパク質に含まれる「トリプトファン」というアミノ酸です。
また、セロトニン合成のためにはビタミンB6も欠かせません。こちらも肉や魚介類に含まれるため、肉や魚を食べることでトリプトファンとビタミンB6をしっかりと補給することができます。
よく噛んで食べることで、リズミカルな運動にもなり、セロトニンの働きを高めることにつながります。

◆イライラしてしまった時には?

column26-1-4
セロトニンを増やしてイライラ予防を心がけていたとしても、やはりイライラしてしまうことはあるものです。
イライラが募った時には、うまく解消してしまいたいものです。そんな時に役立つのが「香り」です。

イライラしてしまった時に、好きな香りを嗅ぐことで、イライラする脳の働きを鎮める効果があることが、最新の脳科学の研究でわかっています。
アロマテラピーにはさまざまな効果がありますが、中でも特に大きな効力を発揮するのが「鎮静」効果です。
イライラした時には、鎮静効果がある精油の中から、自分の好きな香りを選んで嗅ぐようにすることでイライラを抑える効果が得られます。

鎮静効果がある精油には、ラベンダーやイランイラン、ネロリなどがあります。
また、こうした西洋のアロマだけではなく、和ハーブであるゲットウやミツバ、ナツメなどに注目してみるのも良いかもしれませんね。

 

shiryou
moushikomi
ページ上部へ戻る