習慣にして冷えとサヨナラ! 冷え性改善ストレッチ

◆習慣にして冷えとサヨナラ! 冷え性改善ストレッチ

column28-1-1
冷房にさらされる日々が終わって一息つくのもつかの間、すぐに気温の低い季節がやってきてしまうので、冷え性の人にとってはつらい冷えとの戦いは年中続くもの。

靴下や腹巻などを利用して、身体を冷やさないようにする対策も大切ですが、できることなら冷え性の体質を根本的に改善していきたいですよね。
今回は、冷え性の改善に効果のあるストレッチをご紹介します。

◆足の指

column28-1-2
冷え性を招く大きな原因は、血行不良です。人間の身体は、血液によって全身すみずみに酸素や栄養素が運ばれています。

この血液の流れが悪くなってしまうと、必要な栄養や酸素が全身に供給できず、さまざまな不調の原因となってしまいます。
その1つが冷え性です。

血行不良になってしまう原因はいろいろ考えられますが、まずは運動不足が挙げられます。
運動不足で筋力が低下すると、全身に血液を送り出す力が弱くなってしまいます。
それに加えてデスクワークなどで同じ姿勢を長時間続けることで、筋肉が緊張し、その部分の血管が収縮してしまうのも血のめぐりが悪くなる原因です。

ストレッチで筋肉を柔らかくすることは、滞った血流を改善するとともに、運動不足の解消自律神経を整えることにもつながります。
冷え性改善には軽いストレッチを習慣にするのが効果的なのです。

◆下半身の冷えに効くストレッチ

column28-1-3
心臓から遠い脚は、特に冷えやすいという人が多いところです。
下半身の冷え性改善に役立つストレッチには、以下のようなものがあります。

【足の指の曲げ伸ばし】
①両足を伸ばして座ります。
②両足の指を大きく開いたりぎゅっと縮めたりを繰り返します。

【足首まわし】
①椅子などに腰かけ、左足の太ももの上に右足の足首を乗せます。
②右手で左足の足首を押さえ、左手で左足の足先を持って足首をゆっくりと回します。
※左足も同様に行います。

【脚のストレッチ】
①両足を伸ばして座ります。
②両足の指先を前側に引き寄せるようにしながら、足首、ふくらはぎ、膝、太ももの裏側を伸ばします。

◆上半身の冷えに効くストレッチ

column28-1-4
同じ姿勢を続けることなどで血行が悪くなりやすい肩や首なども冷えやすいところ。
ストレッチで血流を良くしましょう。

【肩と腕のストレッチ】
①左手を腰の後ろに回し、右手で手首を持つ。
②ゆっくりと右の方へ引いて肩と腕を伸ばす。
※反対側も同様に行います。

【首まわし】
①肩の力を抜き、ゆっくりと首を前後左右に倒す。
②ゆっくりと右回り、左回りに首を回します。

今回紹介したストレッチはどれも簡単にできるものばかりです。
朝起きた時やお風呂上り、夜寝る前などに行うよう習慣にして、血行を良くして冷え性を改善しましょう。

◆今回記事からのボディセラピストカレッジ関連資格・講座はこちら

冷えや癒しにもつながる 和ハーブボールセラピー

 

shiryou
moushikomi
ページ上部へ戻る