ブログ

足裏の色、肌状態で健康チェック

◆足裏の色、肌状態で健康チェック

自分の足の裏、改めてちゃんと見たことのある方って意外と少ないようです。

また、周りの人の足の裏というのも見たことがないと、どんな色が多く、どんな色が健康なのかも判断つきにくいものだと思います。

あなた自身の足の裏の色を見ずに自分は何色だ、とすぐに答えることはできますか?

「第二の心臓」とも言われる足の裏。

自分の体調や健康を知るヒントに足の裏から健康チェックをしてみましょう。

足の裏の色が赤い

ストレスがたまっている状態のようです。
熱をもったように赤くなっていませんか?ストレスやイライラと同時に糖質が溜まっている状態でもあるようです。

足の裏が黄色い

肉体的な疲労がたまっている状態のようです。
肝臓や胃腸などの消化器系の臓器の機能が低下していることも。なるべく休足時間をつくったり、消化の良いものを摂りましょう。

足の裏が紫色

血行が悪い状態です。
足の裏だけでなくとも、肌が紫色というと体調はあまり良くないイメージはつくかと思います。冷え性ということもあるので、血の巡りを良くするために、体を温める必要があります。

足の裏が白っぽい

貧血やエネルギー不足の状態です。
貧血気味の方は鉄分を補う栄養をとったり、栄養を中心に摂ることを意識してみてはいかがでしょうか。

理想はピンク色

赤ちゃんの足の裏というのは、ピンク色で、ふっくらと柔らかく健康的な足の裏です。ピンク色であり、柔らかくふっくらしているかどうか・・赤ちゃんのようにとはいかずとも健康のために目指してもいきたいものです。

足裏の色だけでなく、足裏の肌状態はいかがでしょうか。靴下を履いているし人に見られることはないから平気、という方でも健康を知る1つに肌質もチェックしてみてください。

足裏やかかとがガサガサしている

代謝が悪く、便秘の方に多い傾向です。かかとがガサガサに荒れていたりカチカチになっている方は角質ケアも大事ですが、根本的な改善には代謝を上げる必要があると思います。

足裏のシワが多い

特に土踏まずにシワがある場合、胃腸の不調の表れのようです。浅くシワが刻まれているのは、その場所の臓器に不調があり、深くシワが刻まれているようであれば急性のトラブルがあるとも言われています。

足裏で健康チェックをしながら、足裏マッサージをしていたわってあげてください。
マッサージの強さは痛い!というぐらいではなく、少し痛いけど気持ち良い程度がベストです。

◆記事の関連資格・通信講座はこちら

中国式足つぼセラピー資格取得通信講座
フットトリートメント(角質除去法)資格取得通信講座

 

shiryou
moushikomi

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る