ブログ

お風呂の温度と効果を知り、バスタイムをより楽しもう

お風呂の温度と効果を知り、バスタイムをより楽しもう

column12_1
みなさんは湯温が体に与える影響は知っていますか?
何となく「気持ちのいい温度」を見つけて入浴している人が多いと思いますが、ちょっと意識して湯温を調節することで体に良い効果を得ることが出来ます。

今回は「お風呂の温度とその効果」についてご説明します。

 

リラックス効果を得たいなら35~38℃のお風呂に入ろう

35~38℃のお風呂ですと、副交感神経の活動が優位になります。
副交感神経が働くことで筋肉が弛緩され、心臓の鼓動がゆるやかになります。
他にも血圧が下がる、呼吸がゆっくりになることでリラックス効果を得ることが出来ます。

寝つきが悪い人や、精神的に疲れていると感じる人におすすめの湯温です。
すぐに体が温まるわけではないので、入浴中はお風呂にタオルをかけるなどして体温調節も行いましょう。

 

39~41℃の湯温は体を温めるのに最適な温度

column12_2
39~41℃のお風呂に入ることで、身体の深部体温を38.5~39℃という適温に保ってくれます。
この深部体温というのは、私たちの体にとても大きな関わりがあります。
体の表面の温度と異なり、深部体温は脳や心臓などの臓器の温度を指示します。
この温度が下がってしまうことを低体温症と呼び、場合によっては命の危険にさらされてしまいます。

平熱が36℃以下の方は低体温となるので、39~41℃のお風呂に入り、しっかりと深部体温を適温にするようにしましょう。
また、お風呂から上がった際にコップ一杯の水を飲むことで脱水症状となることを防げます。

 

ちょっと熱めな42℃以上の湯温は新陳代謝を活性化する

column12_3
42℃以上のお風呂に入ることで、活動的な時に働く交感神経が活発になります。
血圧が上昇し心身ともに興奮することで、新陳代謝が活発になります。
汗をかくことで老廃物が体から出ていくので、疲労回復に効果的です。

熱いお風呂に入る前には、かけ湯をして体をお湯に慣れさせることを忘れないで下さいね。
また、42℃以上のお湯は肌の刺激となるので、長くお湯につかることは避けるようにしましょう。

体に負担をかけるため「疲労する入浴方法」となりますが、より新陳代謝を高めたい人は、約3分間の入浴と約5分間の休憩を2回繰り返すこと。
そして最後に約5分、お風呂に入ることをオススメします。

 

shiryou
moushikomi

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る