ブログ

心と体を癒やすマッサージオイルトリートメントの種類

心と体を癒やすマッサージオイルトリートメントの種類

column18_01
セラピーやデトックス効果の高いオイルトリートメント(オイルマッサージ)。オイルトリートメントといっても、その種類は実に豊富。

今回は、代表的なオイルトリートメントの種類を4つご紹介します。

スウェーデン式トリートメント

スウェーデン式トリートメントは(スウェーディッシュマッサージ)は、1830年代にスウェーデンで考案されたオイルマッサージテクニックです。
この種類はオイルトリートメントの原点とも言われており、世界で最もポピュラーなマッサージです。

この特徴は、少量の天然植物オイル使って、肌表面のケアはもちろん、肌の奥にある筋組織までしっかりマッサージすることができます。
このオイルトリートメントは血行やリンパ液の流れを促したデトックス、肌の保湿に良いとされています。

この種類は体の軸となる骨格系と、その骨格の働きをサポートする筋肉にも影響を与えると考えられているため、アメリカを中心とした医療現場でも生かされています。

アーユルヴェーダ

column18_02
インド発祥の歴史あるオイルトリートメントです。
これは「心と体のバランスを整え、健康で美しい身体をつくる」と考えられています。
ちなみに、アーユルヴェーダは、サンスクリット語の「アーユス(生命)」と「ヴェーダ(学問)」の合成語です。

古代インドでは、体内の活性化に良い「ごま油」をマッサージに使用していたと言われています。
これが、アーユルヴェーダの種類のひとつ「アビヤンガ」です。

この他の種類として、チャクラ(第3の目と言われる額の中心)にオイルを流す「シロダーラ」や、パウダーを使った「ウドゥワルタナ」があります。

ハワイアンロミロミ

ロミロミは、医療行為として古代ハワイアンが継承してきたオイルトリートメントです。
「ロミ」には、ハワイ語で揉む、押す、圧迫するという意味があります。

これは、エッセンシャルオイルを使って肘から腕、手のひらでマッサージをしていく独特なオイルトリートメントです。
このマッサージでは包み込まれるような心地良い刺激を受けることができます。

また、セラピストがマナ(ハワイの自然エネルギー)を得てからマッサージをすることで、わたし達の身体にもその力が注がれるとされています。

バンブートリートメント

column18_03
バンブートリートメントは、タイ発祥だとされているオイルトリートメントです。

このマッサージの種類は、エッセンシャルオイルを浸透させた竹の棒を使って体をマッサージしていきます。
竹の棒で体に圧をかけることで、筋肉のコリや緊張を和らげるのです。
筋肉が特にこりやすい肩、背中、腕の疲れを取ることができます。

また、脂肪を揉みほぐすこともできるため、お尻や太もも、二の腕などのセルライトをケアとして活用することも可能です。

◆今回記事からのボディセラピストカレッジ関連資格・講座はこちら

スウェーデン式トリートメント資格取得通信講座

 

shiryou
moushikomi

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る