ブログ

小顔に「顔ツボ」なんといっても簡単なのが魅力!

◆小顔に「顔ツボ」なんといっても簡単なのが魅力!

column23-1-1
健康志向が高まる中、人気を集めるマッサージがあります。
それは、「顔ツボマッサージ」

ロの施術に効果があるのは当然かもしれませんが、小顔効果が期待できる「顔ツボ」のすばらしさは、セルフマッサージ自宅でいつでも出来る事です。
では、小顔効果の顔ツボマッサージをするにはどんな方法があるでしょうか?

◆小顔効果のある「顔ツボ」を知る事から始めよう

column23-1-2
全ての「顔ツボ」を網羅するには時間と習練が必要なので、小顔に良いとされるツボから学んでみてはいかがでしょうか。

1;迎香(げいこう)
小鼻の両脇にあるツボで、エイジングケアに効果を発揮します。
皮膚のたるみによるシワや、シミ、吹き出物など、小顔だけでなくオールマイティーな症状に対応しています。

2;こりょう
別名「笑顔のつぼ」と呼ばれるこりょうは、小鼻の外側と、目の下の線が交わる位置にあります。
ここを刺激することで頬のむくみやたるみを解消します。
小顔・ほうれい線対策に!

3;地倉(ちそう)
口角のすぐ脇、ほうれい線の出来る位置にあります。
顔のむくみ解消や、ダイエットにも効果を発揮します。
ハリも出るので、こりょうと並行して刺激すると小顔・美顔に効果的です。

4;下関(げかん)
血の巡りを整えるので、リンパに溜まった老廃物を押し流す効果が期待できます。
むくみ解消になるので、自然と小顔に導いてくれるでしょう。

5;承漿(しょうしょう)
シワやたるみを解消し、小顔に導いてくれるつぼです。
顔の上半分のつぼと異なるのは、首にまでむくみ解消の効果をもたらしてくれる所。美肌効果もあります。

◆小顔になる「顔ツボ」マッサージのご注意!!

column23-1-3
顔は、身体と違って皮膚が薄いので、顔ツボ押しの際には力を入れすぎない事が
重要となります。

押し方のコツは、まず、指のなるべく広い面積を使うこと。
ゆっくりと、痛みを感じない程度に「やさしく」刺激してください。
息を吐きながら、リラックスしてゆっくりとマッサージしましょう。
時間は、ひと押しにおよそ5秒を目安にしましょう。
3回から5回を1セットとして、過ごし方によって朝か夜に習慣づけるのがおすすめです。

朝の場合は化粧ノリが良くなりますし、夜でしたら新陳代謝を高める働きをしてくれるでしょう。
他にもたくさんの「顔ツボ」がありますので、自分にあった「顔ツボ」を探してみるのもおすすめです。

◆今回記事からのボディセラピストカレッジ関連資格・講座はこちら

小顔効果も期待できる 顔つぼヘッドセラピー

 

shiryou
moushikomi
  • 小顔に「顔ツボ」なんといっても簡単なのが魅力! はコメントを受け付けていません。
  • 美容

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る