ブログ

風邪の予防に効果を発揮するアロマミスト

風邪の予防に効果を発揮するアロマミスト

column17_01
日本でも馴染みが出てきたアロマテラピーですが、実はヨーロッパにおいては歴史ある民間療法として親しまれているのです。アロマはアレンジすることによって風邪を予防することも出来る優れものでもあります。

たとえば、ティーツリーユーカリカユプテは効果を発揮するアロマの種類でもあり、抗菌や除菌効果もあるといわれていますし、
さらには一般的にも知られてはいますがミント系鼻通りをよくする効果がありますので、ペパーミントなどをミックスしてブレンドしたものなども効果があるといわれています。

浄化作用のある精油

column17_02
アロマミストには空気を浄化させる効果があると言われています。
空気が乾燥している時期や風邪のウイルスが多い時期などはアロマミストを作って部屋を浄化することをおすすめします。
作り方はお好きな精油を使っていただいて構いませんが、できれば浄化作用の優れているものが良いでしょう。

ローズマリーは香りも良いですし、気管支に働く作用が持つ精油ですので、アロマミストにも使いやすいのではないでしょうか。
あまり精油としては聞きなれないかもしれませんがシークヮーサーも空気を浄化させるだけではなくて胸部粘膜にも効果があり、さらにシナモン痛み炎症などに効果があるとされています。

アロマミストの作り方

精油を選んだあとは、無水のエタノールにこれらを混ぜ合わせてからハッカの蒸留水で希釈するのです。
ハッカはケトン類を含みますから妊娠している場合や小さなお子様がいらっしゃるときは精製水を代用してください。

簡単に作れますし、気分によって精油を変えて香りを楽しんだりすれば風邪予防だけではなく気分をリフレッシュすることができるでしょう。作ったミストは大体2週間以内に使い切ってしまうのがベストです。

アロマで風邪を予防&撃退

column17_03
西洋では医療効果があるとされているアロマですから、つらい風邪を予防したり撃退したり緩和させたり、とても素晴らしい効果があるとされています。
風邪予防のためにスプレータイプのミストを携帯しておくと何かと便利ですし、実はご自身で簡単に作ることができるのです。

無水エタノールに精製水を加え、鼻づまりや風邪に効果があるとされているお好きな香りの精油を50ccの瓶に対して合計10滴ほど入れます。
これだけで完成です。

瓶を振ってよくミックスしてから使用すると良いでしょう。

 

shiryou
moushikomi

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る