ブログ

アロマで出来る花粉・風邪・鼻づまり対策

◆アロマで出来る花粉・風邪・鼻づまり対策

column12-1-1
リラックスや気分転換で「アロマ」を使っている女性は多いですよね。
アロマオイルの種類も沢山あってだいたいの人は香りの好みでどのオイルにするか選んでいると思います。

ですがアルマオイルの中には風邪の予防花粉症対策、鼻水鼻づまりなどの改善が出来るものもあるのをご存知ですか?
鼻炎や花粉症で毎年悩まされている方は薬に頼らない解消法としてアロマを試してみるのはいかがでしょうか。

◆風邪・花粉症・鼻水に効くアロマの種類

column12-1-2
・【ユーカリ】
ユーカリには強い抗菌、抗ウイルス作用が期待できます。
ユーカリに含まれる1.8‐シネオールという成分はタンを切るのに優れているので咳、鼻づまり、などに効果があります。
ユーカリは種類があり、中には少々刺激がつよく呼吸器系の弱い方や小さいお子様には向かないものもありますので相談の上選んで下さい。

・【ティートリー】
ユーカリ程の刺激がなく香りはすっきりとしています。
強い殺菌力があるとされていて、免疫力を刺激する作用が期待できます。
風邪の予防や花粉症の予防、鼻づまりの解消に適しています。

・【マートル】
ユーカリに似た甘くて爽やかな香り、鮮やかなオレンジ色が特徴的なアロマです。
鼻水や鼻づまり、花粉症・風邪・感染症の予防の他ニキビや吹き出物の予防改善としても知られています。

column12-1-3

・【カモミールジャーマン】
ピリッとした独特の香りで、色は濃いブルーをしていますが、瓶から取り出すと空気と光に触れることで緑色に変色するのが特徴的です。
カモミールジャーマンの主成分であるカマズレンという成分には鎮静と抗炎症作用があります。
カマズレンは医薬品に使われる事もあり、花粉症用の目薬にも使われている成分です。

・【ペパーミント】
清涼感があり爽快でクリアな香りのミント。
歯磨き粉などにもよく使われている馴染みのある香りです。
炎症による熱を鎮め、痛みを和らげる働きがあります。
鼻づまりや咳を鎮める効果があり、花粉症の軽減としてもペパーミントは使われています。
注意点として、ペパーミントは目の粘膜を刺激することがありますので、やや分量は減らし気味で使いましょう。

◆オイルの使用方法

column12-1-4
【マスクにつける】
風邪予防や花粉症対策でマスクをつけて外出する場合はマスクの中にアロマを垂らすと効果的です。
ティッシュかコットンに1滴垂らし、そのティッシュを何度か折りたたんで肌に直接アロマオイルがつかないようにマスクの中にいれましょう。
または無水エタノール・精製水・アロマオイルを混ぜたものをスプレー容器にいれてお手製のアロマスプレーを作りマスクに吹き付けるのもおすすめです。

column12-1-5

【アロマバス】
バスソルトにアロマオイルを混ぜての入浴も効果的です。
花粉症の季節で髪の毛に花粉がついている場合は先によく洗い流すようにしましょう。
お風呂は43度くらいの熱めのお湯にして、短い時間で温まるのがおすすめです。
血行促進作用と発汗作用を促すので鼻づまりの症状が治まるのが早くなります。

【マッサージ】
花粉症や鼻づまりには手のひらにアロマオイルを広げて、鼻の両脇を指圧したり目と目の間をつまむようにマッサージするのが効果的です。
咳が酷い場合などはアロマオイルとホホバオイルでマッサージオイルを作り、胸部を円を描くように軽くさすると呼吸が楽になります。

【加湿器】
アロマオイルを垂らして使える加湿器も沢山出ていますのでそういったものを利用してもいいですし、それが出来ない場合はエアコンや加湿器の近くにアロマオイルを垂らしたタオルなどを置いておいておくと成分が部屋中に散らばりますので効果的です。
勿論アロマディフューザーがあればそちらでOKです。

◆今回記事からのボディセラピストカレッジ関連資格・講座はこちら

オイルを使用し、手の平・指先・腕全体を刺激するハンドリフレセラピー
オイルを使用した、内臓のほぐす方法が学べる場植えるデトックスセラピー

 

shiryou
moushikomi
  • アロマで出来る花粉・風邪・鼻づまり対策 はコメントを受け付けていません。
  • 美容

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る