ブログ

骨盤の歪みで起こる悪影響

◆骨盤の歪みで起こる悪影響

column15-1-1
骨盤は上半身と下半身をつなぐ重要な骨です。
骨格だけでなく筋肉や神経も数多く通っているので、ここがゆがむと体全体に悪影響が現れることがあります。

その悪影響は健康だけでなく美容面にまで及びます。

 

◆骨盤歪み 身体への悪影響

column15-1-2
骨盤の歪みは骨、神経、筋肉に響いてきます。

腰痛、肩こりに始まり、その緊張が頭痛やめまいを引き起こすこともあります。
神経痛や関節痛も骨盤の歪みが原因である可能性もあります。
痛みやストレスで睡眠障害や自律神経失調症に発展することもあります。
女性の場合は重い生理痛になったり、ひどい場合には不妊の原因となったりもします。

更年期障害も骨盤の歪みの悪影響とも言われています。

◆骨盤歪み 美容への悪影響

column15-1-3
骨盤の歪みは身体のあらゆる流れに悪影響です。
便秘やむくみ、下半身太りの原因である場合があります。
血流の関係で冷え性を引き起こしている可能性もあります。

骨盤が歪んでいると姿勢が悪くなるので、O脚・X脚になってしまうこともあります。
骨が湾曲するので根本的な解決が難しい事柄です。

さらに、骨盤の歪みが顔をも歪ませるということも考えられます。
傾いた姿勢でバランスを取ろうとすると無意識にいろんなところに無理な力がかかります。
その力みが顔の筋肉も曲げてしまうのです。
美容の観点からは重大な悪影響です。

◆骨盤歪み チェック方法

column15-1-4
ここまで骨盤の歪みが数多くの悪影響を生んでいることを紹介させて頂きました。
一度、自分の骨盤が歪んでいるかどうかチェックしてみてください。

▼目をつぶって片足で10秒以上立っていられるか骨盤が歪んでいるとぐらつかずに立ち続けることが難しいです。
▼目をつぶってその場で30回足踏みずれていた方向に骨盤が歪んでいると言われています。

◆自覚しづらい悪影響

column15-1-5
骨盤の歪みは、ある日急に来るのではなく、長い時間をかけてゆっくりと進んでいきます。
ですから悪影響も少しずつ進行してきているので自覚していない人も多いでしょう。

長い時間をかけてねじれてきた骨盤を矯正するのは時間がかかります。
しかし、これだけ悪影響の多い骨盤の歪みが少しずつでも改善されていけば、健康や美容の面でさまざまな実感を得られることでしょう。

◆今回記事からのボディセラピストカレッジ関連資格・講座はこちら

「身体のバランスの崩れを整え、人体を健康状態に戻すことができる中国整体推拿セラピー」
体調を整え新陳代謝が高まり、本来持っている自然治癒力を向上させる中国式足つぼセラピー

 

shiryou
moushikomi
  • 骨盤の歪みで起こる悪影響 はコメントを受け付けていません。
  • 対処法

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る