ブログ

ストレッチで健康になるメカニズム

◆ストレッチで健康になるメカニズム

column13-1-1
ストレッチは体の柔軟性を高めるのに効果的であり、準備運動や整理運動の最初に活用されるイメージですが、最近では美しい姿勢の保持やリラクゼーションなどの健康効果が明らかとなってきました。

広い場所や道具を必要とすることなく行えることから、健康や体型維持を目的としたストレッチを取り入れている人が増えています。

◆ストレッチは体を“元に戻す”

column13-1-2
まずストレッチには「硬くなった筋肉を元に戻す」という役割があります。
人間は筋肉の収縮によって体を動かしています。

歩いたり座ったりしているだけでも筋肉は常に収縮していますしスポーツなどの激しい収縮は筋肉を発達させてくれます。
しかし収縮を繰り返すと“筋硬縮”という筋肉が硬い状態になってしまい、伸びたり縮んだりする弾性を失ってしまいます。

弾性を失った筋肉は切れやすくなり、肉離れ、筋断裂などの怪我の原因となります。
また硬くなった筋肉は血管を圧迫し、老廃物が溜まりやすい状態を作り出す為、筋疲労が取れにくくしてしまうのです。

ですので日頃から使っている筋肉をストレッチで伸ばしてやる事により硬くなった筋肉が伸び、体を元の状態に戻してやる効果があります。

◆疲労回復効果

column13-1-3
ウォーミングアップだけでなく、クールダウンとしてもストレッチは用いられます。
筋肉を伸ばす事により、筋肉疲労を回復させる効果や血流を良くする効果があります。

特に冬の寒い時期などは血流が悪くなりがちなのでストレッチによる適度な運動が血液の循環を改善してくれます。
それにより末梢からの静脈の流れを補助する事で疲労物質を体外に排泄し、フレッシュな酸素や栄養物質を送りこんでいくことにつながっていきます。

最近ではこれらの効果に加えてリラクゼーションの効果も明らかとなってきました。
ストレッチには交感神経を抑えて副交感神経を優位にする効果があります。
副交感神経は休息している時などに活発になるので分かりやすく言えば脳がリラックスしている状態になるということです。

◆新陳代謝の向上

column13-1-4
モデルや女優さんの多くはストレッチを日常的に行っています。
その理由の大部分はこの新陳代謝の向上にあると思います。
ストレッチをすると体が温かくなりますよね?これは血流が良くなっている証拠です。
すると細胞が活性化し、新陳代謝がよくなります。

新陳代謝がよくなると肌に張りや艶が出たりとアンチエイジングの効果も期待出来ます。
また新陳代謝があがると脂肪細胞も活性化されるので、自然と脂肪が燃焼されやすい体になっていきます。
ストレッチは誰にでも出来る効果的なダイエット方法でもあるのです。

◆ストレッチのコツ

column13-1-5
◯リラックスして行う
ストレッチを行う際は筋肉に力を入れずにリラックスして行うのが最も大切です。
筋肉に力が入っていると筋肉が伸びにくくなってしまうためなるべく脱力状態でゆっくりとした動作で行うようにしましょう。

◯呼吸に気をつける
自然な呼吸でゆっくり行うようにしましょう。
ストレッチ動作に集中するあまり息を不自然にとめてしまったりする人がいますが、お腹に意識を持って行き腹式呼吸でゆっくり長く息を吐くようにしましょう。
2秒~4秒程で息を吸い、8秒~10秒でじっくりと息を一定に吐きながら体を伸ばします。

◯筋肉を意識して行う
よく筋肉トレーニングでも、鍛えたい筋肉に手を当て、動くのを意識しながら鍛えると効果が全然違うといいますよね。
ストレッチも全く同じで、伸ばしたい箇所を意識するのとしないのでは、ストレッチの効果に差がでます。
形だけ真似をするのではなく、ストレッチを行なっている最中に、どの筋肉が伸ばされているのかしっかりと意識することが大切です。

◯気持ちよさに従う
同じ人でも上半身と下半身の筋肉の状態は違います。
ほとんどの人は右半身と左半身の状態も違います。
ですので、左右同じようにストレッチする必要はありません。
気持ちよい方を好きなだけ(時間、回数)やるとよいです。
体の感覚に従い、ストレッチして気持ちのよい部位を好きなだけ行なうのが自分の体にあったストレッチだといえます。

◆今回記事からのボディセラピストカレッジ関連資格・講座はこちら

「手の技で全身をほぐす中国整体推拿セラピー」
オイルを使用した、内臓のほぐす方法が学べる場植えるデトックスセラピー

 

shiryou
moushikomi
  • ストレッチで健康になるメカニズム はコメントを受け付けていません。
  • ストレッチ

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る